鎚起銅器のお手入れ方法









叶エ雅堂

〒959-0318
新潟県西蒲原郡弥彦村麓4693

TEL 0256-94-4477
FAX 0256-94-5077
E-mail info@seigado.net


  ここでは鎚起銅器製品のお手入れについて説明します。

お手入れで一番大事なことは、
しっかりと水分と手油を拭き取ってから保管することです。

では種類によってもう少し説明させていただきます。

 ○ カップ、酒器類、急須類

普段は、使用後に中性洗剤で手洗いか柔らかなスポンジで内側を洗う。
最後に給湯器の暖かめのお湯ですすぐと、拭き取ったとき余熱ですぐに乾きます。

数か月〜数年で、銀色の錫の部分や銀メッキの部分が黒っぽくくすみます。
気になりましたら、市販の練り歯磨き粉を綿布に取り、
銀色の部分を磨いてください。数ヶ月に一度で結構です。

発色させた部分には練り歯磨きは絶対使用しないでください。
色落ちの原因になります。


 ○ 茶筒

普段使い終えたら、乾いた綿布で撫でてください。
(目に見えない手油を全体に伸ばしてあげる感じで)

茶筒は薄い銅板を2重にした作りになっております。
決して水洗いはしないでください。水分が抜けきれず錆の原因になります。
汚れが気になりましたら、硬く絞った綿布で拭き取ってください。



鎚起銅器の特徴のひとつに挙げられるのが、
さまざまな色に発色した表面処理です。
これらは塗料を塗ったものではなく、
薬品によって酸化させた云わば錆の色です。
銅を放っておくと次第に黒くなり、
いずれは緑青がふきます。
(自然にふいた緑青には毒性はありません)
それと同じく鎚起銅器の製品の発色も
長い年月で徐々に変色していくのは避けられません。


しかし手入れをきちんとしてあげれば、
程よい趣ある色合いに変わっていきます。
この様な色は新品では出すことのできない色です。

色の変化を楽しむことも含め、
末永く鎚起銅器をご愛用いただければ嬉しいです。

このページのトップへ


copyright©2012 Seigado Co.,Ltd. all rights reserved.